中国茶アーティスト 森 一華が主宰する[鎌倉中国茶倶楽部 一華]は湘南モノレール西鎌倉駅から徒歩8分。中国茶教室・茶会・イベント情報などを随時アップします。


by yonaha510
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
a0141123_15543194.jpg

恒例となりました鎌倉のお屋敷Sashoでの『和御膳と中国茶のコラボレーション』。
今夏で12回を迎えることができました!
7月は毎年七夕をテーマに旬の食材を活かした和食の一皿一皿に、
個性豊かな中国、台湾のお茶をペアリングしてまいります。

今回もおかげさまで告知前よりお席がほほ満席となり
追加日程を設けましたが
現在、7月4日に2席を残すのみとなりました。
イベント開始当初には
思いもしなかった状況にSashoのスタッフともども
感謝の気持ちでいっぱいです。

残席わずかではありますが、お申し込みを
お待ちしております。

〈日時〉7月4日(水)
    11:30開場、12:00スタート (約3時間)
〈会場〉鎌倉 Sasho  鎌倉市扇が谷1-11-1  JR鎌倉駅より徒歩7分
〈参加費〉7,000円(消費税8%別途申し受けます)
 *大変恐縮ですが、前日のキャンセルは4,500円、当日は全額のキャンセ  
  ル料を申し受けます。
〈お申し込み〉一華までお願いいたします。
      Mail: yonaha510@yahoo.co.jp






[PR]
# by yonaha510 | 2017-06-17 16:03 | イベント情報 | Comments(0)
かねてから実現したかった本格ヨガと中国茶のコラボレーション。
素晴らしいヨガ講師との出逢いで実現の運びとなりました。
限定3名様の贅沢なセミプライベートレッスンです。
a0141123_16325670.jpg


















◆からだを見つめる「ヨガ・レッスン & 中国茶」
限定3名で行う本格ヨガ&中国茶のひととき。
ヨガ講師にお迎えするのは翻訳家でもあり、
様々な国際的ヨガ資格をお持ちのYoko氏。
確かな知識と豊富な実践に裏付けられた指導を少人数で、
しかも90分たっぷりと受けられる贅沢なセミプライベートレッスンです。
ヨガでしっかりと自分のからだと向き合った後は、一華の中国茶の時間。
ヨガによって解放された心とからだに、茶の極上の雫が沁み渡ります。
毎回、季節を意識した、からだが求める厳選した茶葉を数種ご用意いたします。
中国、台湾の銘茶をゆっくり味わいながら
心地よい茶の香りに身をゆだねていただきたいと思います。

《Yoko氏プロフィール》早稲田大卒 翻訳家 ヨガ講師
20代よりハタ・ヨガを学び、アイアンガー・ヨガ、クリシュナマチャリアの
流れを汲むヒーリング・ヨーガなどの教えを受け、
現在もますますヨーガの素晴らしさを実感しつつ修行中。
全米ヨガアライアンス200時間取得/STUDIO JYOTI 600時間 
アドヴァンスド・ヨーガティーチャー認定/
UNDER THE LIGHT ヨガ/ボディワーク通訳・翻訳養成コース修了

【日程】
毎月2回 第1第3月曜日
5月15日スタート(5月は連休の関係で1回のみ)

【場所】
鎌倉中国茶俱楽部 一華
鎌倉市腰越1330-131

【料金】
1回3時間 6,000円 毎月月初に2回分前納

【お申し込み】
08065511331にショートメールをいただくか、
FBでメッセージをお願いいたします。確認でき次第、こちらからお返事いたします。
 
 
自宅サロンでの開催ですので、とても家庭的な雰囲気で
ゆったりお過ごしいただけることと思います。
私自身がヨガをきちんと学びたいという思いから始めますので、
本格のヨガを学びたい方、そして日本では入手しにくい正統の美味しい
中国茶を知りたい方に是非ご一緒いただけたらと思います。
からだに向き合い、からだを内側からきれいにする時間、
皆様のご参加をお待ちしております。

[PR]
# by yonaha510 | 2017-04-02 16:45 | レッスン・コース | Comments(0)
いつもの坂道に、菜の花が満開でした。
いよいよ『鎌倉中国茶俱楽部 一華』のレッスン&茶会コースへのお申し込み受付を
始めます!
皆さんと和やかな茶の時間を共有できますことを心より楽しみにしております!

 ※お申し込みは、こちらのコメント、またはFB、メールでお待ちしております!!
 Mail: yonaha510@yahoo.co.jp  
 Facebook: https://m.facebook.com/yoshiko.mori.982(森淑子 ひとはな)

◆はじめての中国茶コース 1回5000円 全6回分前納
《毎月1回2時間 14:00〜16:00 全6回/毎年前期5月〜10月 後期11月〜4月 
 原則第2木、土曜開講》

A(第2木曜)コース
 5/11、6/8、7/13、8/10、9/14、10/12

B(第2土曜)コース
 5/13、6/10、7/8、8/12、9/9、10/14

初心者向けの6回完結の講座です。
茶葉の六大分類に始まり、各分類の代表的な銘茶を味わいながら、その茶葉の基本知識を学んでいただきます。また、実際に淹れる体験を通して、中国茶を日常で楽しめるようになっていただくのが目標です。
新たな趣味として、また、おもてなしの幅を広げたい方に、おすすめです。

◆ベーシックコース 1回 5000円 全3回分前納
《毎月1回2時間 14:00〜16:00 /5月、8月、11、2月スタート 原則第3金、土曜開講》

基本知識をある程度お持ちの方で、さらに進んで学びたいという方のための講座です。
茶藝。一般には馴染みのない言葉ですが、美味しいお茶を淹れるための技術はもとより、見る人、味わう人の心に響く何か、を伝える藝術的表現であると考えます。
「美味しい」を超える一杯の茶の魅力は、淹れ手自身の人となりと独自性。ベーシックコースでは、3回ごとにテーマを設け、茶葉の知識を深めながら、淹れ手ひとりひとりの個性を極める茶藝を身に付けるべく学びます。初心者の方は、『はじめての中国茶コース』で基礎知識を学んでからの受講をお願いします。
今期のテーマは『中国緑茶・新茶を味わう』を予定しています。

C(第3金曜)コース
 5/19、6/16、7/21

D(第3土曜)コース
 5/20、6/17、7/15

◆一華茶会コース 1回5000円 全3回分前納 1回のみご参加希望の場合は5500円
《毎月1回2時間 14:00〜16:00 /5月、8月、11月、2月スタート 原則第3木、第4土曜開講》

オープン以来お客様に好評をいただいている一華茶会。毎回、季節やその日に淹れる茶葉などに着想を得たテーマを設けて、4種類ほどの茶葉をゆったり味わっていただきます。中国文人の世界に身を置くように、テーマに合わせた漢詩等を手描きの書でご紹介しながら、茶の背景にある中国文化や歴史もお話ししながら進めてまいります。技術をマスターするよりも、季節ごとの上等な茶葉を風雅に味わいたい方におすすめのコースです。

E(第3木様)コース
 5/18、6/15、7/20

F(第4土曜)コース
 5/27、6/24、7/22
お申し込み、お待ちしております!!

a0141123_14242026.jpg


[PR]
# by yonaha510 | 2017-03-20 14:39 | レッスン・スケジュール | Comments(0)
縁あって鎌倉に暮らし、ますますこの地が好きになること。
そして中国古典の書に魅せられ、書の道では漢字に臨み続けていること。
ふたつの思いから、中国茶サロンとしていた名称を『鎌倉中国茶俱楽部 一華』と改めました。

イベント開催や茶会の活動に加えて、5月からは定期的なレッスンコースや茶会コースを始めます。
上質な茶葉と理と心の伴った茶淹れ、そして一華ならではの発想で
さらに多くの方と奥深い中国茶の愉しさを共有できたらと思います。

このブログにも随時レッスンコースや茶会コースのスケジュールを更新してまいります。
続々と新しいイベントも企画中ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
新たなスタートに、多くの茶縁がひろがりますよう、よろしくお願いいたします!
a0141123_20430039.jpg

[PR]
# by yonaha510 | 2017-03-13 20:57 | About 一華 | Comments(0)
三寒四温の日々ですが、
梅は可憐に咲き、桜の便りもちらほら。
春は確実に近づいていますね。
a0141123_1436024.jpg

Facebookを始めてから、ブログはほとんど更新せず
あっという間に数ヶ月が過ぎてしまいました。
その間に、様々な場所で茶会やイベントをさせていただきましたが、
第5回となった、鎌倉・扇が谷の日本庭園カフェSashoさんでのコラボレーション企画。
今回は『雛御膳と中国茶のコラボレーション』桃香に酔う春の宴、
と題しまして、3月1日、2日、3日の3日間開催しました。
おかげさまで連日満席!お雛祭りですが、素敵な男性のお客様にも
お越しいただき、ほのぼのとした春の宴となりました。
ご参加いただきましたお客様、そしてSashoの皆様
本当にありがとうございました!
[PR]
# by yonaha510 | 2015-03-09 14:37 | ひとはな茶会 | Comments(0)