中国茶アーティスト 森 一華が主宰する[鎌倉中国茶倶楽部 一華]は湘南モノレール西鎌倉駅から徒歩8分。中国茶教室・茶会・イベント情報などを随時アップします。


by yonaha510
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2012年 07月 15日 ( 1 )

a0141123_12165040.jpg


お知らせが遅くなりました!

一華は夏休みで、私はいまハノイに滞在しています。
ちょっと忙しすぎた今年前半を終えて
ふーっと長~い息を吐きたいなあ、と
かねてから計画していたハノイ滞在を決行しました。

ハノイは緑と湖の街とも言われ、大小20以上の湖と深い緑が印象的な古都。
観光客でにぎわう市の中心部のホアンキエム湖と
北部のタイ湖が有名。
そのタイ湖近くのアパートメントの一室から
ブログを書いています。

ここを選んだのは、タイ湖畔は外国人が多くて、昼夜を問わず
女性がひとりでぶらぶらしていても比較的安全な地域だから。
まずは、必要最低限の食料や生活用品の調達のために
近所をつぶさに歩きまわってめぼしいお店をチェック。

と言っても日中の気温は35度前後。
くわえて、毎日にわか雨が突然降るので
晴雨兼用傘と紫外線対策の帽子は必需品。
それでも30分も歩いていると頭が重~く、
ときどきクラッとめまいを感じたりします。
そして、普通の道路は狭くて、車がすれ違うなかを
縦横無尽にバイクが通るし、道はでこぼこでちゃんと舗装されていない
ので、のんびり鼻歌を歌いながら歩いていたら間違いなく
転ぶか交通事故に遭います(笑)

この事情は屋内にもあてはまり、
ベトナムの普通の建築は驚くほど間口が狭い。
しかも家の中はイレギュラーな段差がいっぱい。
階段の一段一段の高さもまちまちなことが多いので、
私はハノイ初日の夜のレストランの階段で
思いっきりコケました。
最後の一段で気を抜いて、そのままコンクリート地面に
這いつくばるカタチに。
手痛い洗礼を受けて、その後は慎重に歩くようになりました。

ちなみに、なぜベトナムの家の間口が京都の町屋のように
極端に狭いのか、現地の人に尋ねると、
ただ単に狭い国土を有効に使うための対策で
そのために、固定資産税が変わるとか、そんな深い意味はなかったようです。
この次は、京都町屋をカラフルにキッチュにしたような
街並みの写真もとっておこうと思います。

滞在1週間を過ぎた頃から
どうにかこうにかベトナム語の数字と挨拶、
そして、これいくら?、高過ぎ!、負けてよ~、くらいの言葉を駆使して
タクシーやシクロ(自転車こぎタクシー)にも乗って
遠出するようになりました。

上の写真は、昨日出かけた市場で見つけた野菜???
と思ったら、仏手柑という果物でした。
ちょっとグロい仏様の手、ですね(笑)。
これは仏教徒の多いベトナムの家庭で、祭壇(仏壇?)に飾る
お供え物に使われて、食用ではないそうです。

では、また。
[PR]
by yonaha510 | 2012-07-15 14:08 | 茶と人に出会う in Hanoi | Comments(0)