中国茶アーティスト 森 一華が主宰する[鎌倉中国茶倶楽部 一華]は湘南モノレール西鎌倉駅から徒歩8分。中国茶教室・茶会・イベント情報などを随時アップします。


by yonaha510
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

朝晩過ごしやすくなって少し秋めいてきたかと思ったら
今日はまた夏に逆戻りしたかのような日差しです。
ハノイのお茶事情について少しずつ綴ってきましたが、
こちらの特産の蓮茶についてまだ触れていなかったですね。

蓮茶も何軒かのお茶屋さんで試飲しましたが
なかなか好みのものが見つからず、
堂々巡りのようなカタチで、最初に訪れたお店でやっと蓮茶の美味しさを実感しました!
お茶は淹れ方によって味が変わってしまうとてもデリケートなものですから。
a0141123_1722671.jpg


上の写真の左が、そのお店の蓮茶。
ベトナムの観光ガイドブックには必ず紹介されている有名店がつくっています。
そして、写真右は最近何度も足を運びいろんなお茶を飲ませていただいている店のもの。
どちらもハノイを代表する店の高級茶だけあって甲乙つけがたい味わいがあります。
茶葉を見ただけで違いがわかるでしょうか?

蓮茶のつくり方を簡単にまとめると、6月中旬から8月中旬にかけて咲く蓮の花を、
まだ咲き始めない早朝から摘んで、花の中のおしべの先端部分の葯と小さな花びらを取り出し
茶葉に香りをうつしてゆくというものです。
これが大変な作業で100グラムのお茶をつくるのに100個以上の花が必要です。
香りをうつすために、素焼きの器に茶葉、葯と小さな花びらを何層にも重ね
何十時間かおき、葯と花びらを取り除いたら再び新鮮な葯と花びらを使い
同じ作業を繰り返します。この作業が7~8回。
中国茶の茉莉花(ジャスミン)茶の高級品も同じような作り方がされますが、
やはり美味しいお茶には時間と手間がかかっていることをあらためて実感します。

さて、使われている茶葉ですが、写真左の茶はsnow teaを3年ほど寝かせた葉を使用。
写真右は緑茶を使用。
どちらもベトナム北部のハザン省(ベトナム北部、中国雲南省と接しています)の
大きな古樹から摘み取られたものです。
snow teaは私がこちらでもっとも美味しいと感じたお茶の種類ですが、
私の気に入りのsnow teaはハザンより少し南西に下ったソンラ省でつくられたもので、
年に5キロほどしか作られない希少なものと聞きました。
お茶のカテゴリーがあまり明確でないベトナムですが、snow teaは白茶に近い味がします。

2種類の蓮茶を飲み比べると、1煎目は、
寝かせたsnow teaの方はそこに蓮の花が咲いているかのような
気品のある香りがたちのぼり、かすかな甘みをおびた茶がやさしく口の中にひろがります。
緑茶の方は、乾いた時の印象ほどには香りはたちませんが、
ボデイのある味わいに甘さがしっかりと感じられて味覚が目覚める感じがします。
杯を重ねると、前者は寝かせたsnow teaならではのカドのとれた柔らかさとスモーキーさが
特徴的で、香りはいつまでも続きます。
後者は上質の緑茶ならではのシャープな飲み口が冴えて、香りにはメントールの心地よさが
際立ってきます。
どちらも10煎ほど楽しめます。
日本にも持ち帰りますので、ご興味のある方は一華にいらしてくださいね。

じつは蓮茶にはもうひとつの製法があるのをごぞんじですか。
それは蓮の花が咲き乱れる6月、7月だけのもの。
夜のあいだに蓮のつぼみの中に茶葉をおき、しばっておきます。
早朝、そのつぼみを切り取り、蓮の香をしっかり吸った茶葉を取り出すというシンプルなつくり方。
手の込んだ前述のお茶には及ばないようですが、旬にしか味わえないというのが魅力ですね。
このお茶は生もののようなものですから、一日しか店頭に置きません。
今年はこのお茶を買いそびれましたが、来年は知り合ったお茶屋さんの
おばあちゃんの船にのせてもらい見学したいと思っています。

a0141123_1884664.jpg

そして今回も街の人気B級グルメをご紹介。
ベトナム料理といえばフォー(米を使った麺フォーの汁麺です)。
具材によってさまざまな種類がありますが、
上の写真はフォー・ガー、鶏の汁麺です。
かぎりなくクリアなスープは見た目どおりのすっきりとした美味しさ。
鶏の胸肉もやわらかくて、スープと揚げパンの相性もぴったり。
下の写真はスープをつくっているずん胴鍋です。
近頃は店先のずん胴鍋をのぞいて美味しそうなところに入るようになりました。
a0141123_1820187.jpg


週末の食べ歩きはベトナム暮らしの最高の楽しみ。
下は、別のフォー・ボー(ビーフのフォー)屋さんの店先で大きな鍋の様子を見る店員さん。
このあと、使用された牛骨が鍋からどっさり出されるのを見て
この店のスープの美味しさを納得しました。
a0141123_1837431.jpg


9月30日はこちらの中秋節。中国文化が根付くベトナムではまちのあちこちで
臨時の月餅屋が立ち並びます。ハノイでは今年の売り上げがかんばしくないと
新聞に出ていましたが、やはり時代の流れでしょうか。
おいしいものが他にもたくさんあると、あまり手が伸びなくなるのかもしれませんね。
a0141123_18405313.jpg

[PR]
by yonaha510 | 2012-09-22 18:41 | 茶と人に出会う旅 in ハノイ | Comments(0)
ハノイも日本も残暑が厳しいですが、皆さんお元気ですか?
領土問題や異常気象など、頭を悩ませるタネが尽きませんね。

さて、先週末は小旅行に出かけブログも少しご無沙汰しました。
ハノイから車で南西に約2時間。
1000年前にハノイに都が移される以前の古都ホアルーを訪れました。
規模は小さいものの、いまも当時の建築物の一部分が残され、
自然に囲まれた静かなたたずまいを保っています。

郊外への小旅行はハノイの汚れた空気から逃れられるといった意味でも
とても良い気分転換になりますが、
先日、近所でもベトナムカルチャーセンターのような魅力的な場所をみつけ、
早速そのなかの料理教室に参加しました。
『 Hidden Hanoi 』と名づけられた、この教室。
ジャックフルーツなどの果樹やベトナム料理に欠かせないたくさんのハーブが
植えられたお庭の向こうに古い建物があり、まさに街中の隠れ家。
上手な英語で素敵なベトナム女性のスタッフさんたちが迎えてくれます。

写真は、骨付きチキンと蓮の実の煮物、ロールキャベツ、バナナフラワーのサラダ、
わさび菜のスープ、そしてここには写っていませんが、
この前におなじみのベトナム名物生春巻きをたいらげ、
この後にデザートとしてロンガンと蓮の実のシロップ煮とザボンをいただきました。
じつは今回の参加が2回目。1回目のブンチャー&揚げ春巻きも最高でした。
そして毎回いろんな国から来た参加者と出会えるのも新鮮です。
a0141123_13135296.jpg

a0141123_1311432.jpg

写真上はバナナの花。ちょっとピンボケですが黄色く見えているところが、これから実になるところだそうです。

この料理教室はハノイ出身の先生&スタッフが運営されているので、
ハノイの食生活や習慣についてのおしゃべりも興味深いところです。
南北に長いベトナムは北部、中部、南部で人の気質や言語も少しずつ異なりますし、
当然、食習慣や味付けなどにも違いがあります。
ハノイ料理は塩っぽく味付けるおかずは南部より濃くなるそうです。
それは、南に比べて食材が豊富ではなく10年ほど前までは
毎日好きなものをたらふくいただけるような
豊かな暮らしはできなかったと言う事情があります。
家庭の主婦たちは、たまにお肉を手に入れても
その量がとても少ないため、ほんの少ししか食べられないように
あえてとても濃い味付けをしたそうです。
各家庭に冷蔵庫もまだありませんでしたから、保存をよくするためという理由もありました。

さて、ここで出されたお茶は、下の写真と同様
ハノイの人が良く飲んでいるハノイ産の生の茶葉をつかったもの。
a0141123_13324716.jpg


この茶葉は市場で300グラム20円くらいで売っています。
どんなところに生えている茶木でしょうねえ。驚くほど安い!
良く洗うか、または一度煮出してお湯を捨てて汚れ等をおとします。
あとは急須に茶葉を入れ熱湯をそそぎ30分から1時間おく、と教えてもらいました。
料理教室ではバスケット状のティーコージーに急須ごと入れておき、
調理の間、優雅にお茶をたゆたわせていました。
茶の味わいは、やはり強めで、後に苦みが残ります。
乾燥させて一般に良く売られている緑茶と茶の性質は同じ気がします。

料理教室からさほど遠くない場所を歩きまわっていると、
楽しい出会いがありました。
地元のベトナム人のご近所さん同士が外で井戸端会議をしているところに
混ぜていただきました。
ちょうど自転車で豆腐のデザート売りのおじさんがやってきたので、
それにつられて私がふらふらのぞきにいくと、
近くにいたランニング姿のおじさんが英語で話しかけてくれたのです。
a0141123_143341.jpg

a0141123_1452286.jpg

絹ごし豆腐に、ジャスミンの花入りのジンジャーシロップをかけていただく
このおやつ。スルリと喉をすべり、炎天下で美味しかったこと!!
その後、英語を操るそのおじさんの通訳でしばらく地元の皆さんと交流。
すると、隣にいたおじいさんが中国語ができるというので
ちょっとおしゃべり。
40年も前に仕事で上海に住んでいたおじいさんの中国語は
南方の口音があり、北京なまりの私には少し聞きづらかったけれど、
ハノイの人と中国語でコミュニケーションがとれたことが思いがけず、
なんだかうれしかった。
みんなで飲んでいた茶をササッとゆすいだ自分の茶杯に注いですすめてくれた
地元の人のあたたかさが身にしみて、
緑茶はやっぱり苦かったけれど、優しい気分になれました。

外国では地元の人で賑わう市場を訪れるのがとても楽しいのですが
市場から続く細い路地の先には、その土地の人の暮らしがじかに見られて
ワクワクします。
下の写真もそんな路地の一部分。
こちらではどういうわけか電話番号らしきものが無造作に壁に書かれていることが多いのですが
この多さはいったい何?
今度、事情を解明します。
a0141123_14114918.jpg


さて、最後の写真は私の長年のパートナー。
路上床屋さんにヘアカットをお願いしているところです。
この床屋さん。横を通りがかると、いつもお客さんが途切れることなくやってきているので、
きっと腕がいいに違いない!と以前からめぼしをつけておいたところ。
葉が重なり合う木の下に設置された簡素な設備ですが
電気コードをひいてきているので、
電気バリカンはもちろん、扇風機も完備。
ただ、汚いどぶ河に面しているので、
ちょっと眺めがよろしくないのが難点。
おひげ剃りもついて40,000vnd(160円ほど)。
仕上がりも上出来でした(笑)
ちなみにハノイにはちゃんとした屋内のヘアサロンもたくさんあります。
誤解がありませんように。
a0141123_14205344.jpg

[PR]
by yonaha510 | 2012-09-03 14:59 | 茶と人に出会う旅 in ハノイ | Comments(0)