中国茶アーティスト 森 一華が主宰する[鎌倉中国茶倶楽部 一華]は湘南モノレール西鎌倉駅から徒歩8分。中国茶教室・茶会・イベント情報などを随時アップします。


by yonaha510
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いつもの坂道に、菜の花が満開でした。
いよいよ『鎌倉中国茶俱楽部 一華』のレッスン&茶会コースへのお申し込み受付を
始めます!
皆さんと和やかな茶の時間を共有できますことを心より楽しみにしております!

 ※お申し込みは、こちらのコメント、またはFB、メールでお待ちしております!!
 Mail: yonaha510@yahoo.co.jp  
 Facebook: https://m.facebook.com/yoshiko.mori.982(森淑子 ひとはな)

◆はじめての中国茶コース 1回5000円 全6回分前納
《毎月1回2時間 14:00〜16:00 全6回/毎年前期5月〜10月 後期11月〜4月 
 原則第2木、土曜開講》

A(第2木曜)コース
 5/11、6/8、7/13、8/10、9/14、10/12

B(第2土曜)コース
 5/13、6/10、7/8、8/12、9/9、10/14

初心者向けの6回完結の講座です。
茶葉の六大分類に始まり、各分類の代表的な銘茶を味わいながら、その茶葉の基本知識を学んでいただきます。また、実際に淹れる体験を通して、中国茶を日常で楽しめるようになっていただくのが目標です。
新たな趣味として、また、おもてなしの幅を広げたい方に、おすすめです。

◆ベーシックコース 1回 5000円 全3回分前納
《毎月1回2時間 14:00〜16:00 /5月、8月、11、2月スタート 原則第3金、土曜開講》

基本知識をある程度お持ちの方で、さらに進んで学びたいという方のための講座です。
茶藝。一般には馴染みのない言葉ですが、美味しいお茶を淹れるための技術はもとより、見る人、味わう人の心に響く何か、を伝える藝術的表現であると考えます。
「美味しい」を超える一杯の茶の魅力は、淹れ手自身の人となりと独自性。ベーシックコースでは、3回ごとにテーマを設け、茶葉の知識を深めながら、淹れ手ひとりひとりの個性を極める茶藝を身に付けるべく学びます。初心者の方は、『はじめての中国茶コース』で基礎知識を学んでからの受講をお願いします。
今期のテーマは『中国緑茶・新茶を味わう』を予定しています。

C(第3金曜)コース
 5/19、6/16、7/21

D(第3土曜)コース
 5/20、6/17、7/15

◆一華茶会コース 1回5000円 全3回分前納 1回のみご参加希望の場合は5500円
《毎月1回2時間 14:00〜16:00 /5月、8月、11月、2月スタート 原則第3木、第4土曜開講》

オープン以来お客様に好評をいただいている一華茶会。毎回、季節やその日に淹れる茶葉などに着想を得たテーマを設けて、4種類ほどの茶葉をゆったり味わっていただきます。中国文人の世界に身を置くように、テーマに合わせた漢詩等を手描きの書でご紹介しながら、茶の背景にある中国文化や歴史もお話ししながら進めてまいります。技術をマスターするよりも、季節ごとの上等な茶葉を風雅に味わいたい方におすすめのコースです。

E(第3木様)コース
 5/18、6/15、7/20

F(第4土曜)コース
 5/27、6/24、7/22
お申し込み、お待ちしております!!


[PR]
by yonaha510 | 2017-03-20 14:39 | レッスン・スケジュール | Comments(0)
縁あって鎌倉に暮らし、ますますこの地が好きになること。
そして中国古典の書に魅せられ、書の道では漢字に臨み続けていること。
ふたつの思いから、中国茶サロンとしていた名称を『鎌倉中国茶俱楽部 一華』と改めました。

イベント開催や茶会の活動に加えて、5月からは定期的なレッスンコースや茶会コースを始めます。
上質な茶葉と理と心の伴った茶淹れ、そして一華ならではの発想で
さらに多くの方と奥深い中国茶の愉しさを共有できたらと思います。

このブログにも随時レッスンコースや茶会コースのスケジュールを更新してまいります。
続々と新しいイベントも企画中ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
新たなスタートに、多くの茶縁がひろがりますよう、よろしくお願いいたします!
a0141123_20430039.jpg

[PR]
by yonaha510 | 2017-03-13 20:57 | About 一華 | Comments(0)