中国茶アーティスト 森 一華が主宰する[鎌倉中国茶倶楽部 一華]は湘南モノレール西鎌倉駅から徒歩8分。中国茶教室・茶会・イベント情報などを随時アップします。


by yonaha510
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
梅雨時なのに晴れ間が多く、暑いですね。

13日と15日。2日間にわたり開催しました初夏の中国茶講座@スタジオ・オーク、
終了いたしました。
予約制で行った13日は満員御礼!
車の渋滞、横須賀線や湘南新宿ラインの一時運行停止などもありましたが
遠くからもご参加いただき、本当に感謝です!
a0141123_16514014.jpg

a0141123_16511333.jpg


みなさん、講座修了後にFacebookでキレイな写真をアップして
その模様をご紹介くださり本当に嬉しく思いました。
いろんな場所でいろんな方との出逢いがあり
つながりが広がる。
そうしたことの連続で毎日が豊かになってゆくのだなあ
としみじみ感じるこの頃です。

7月6日、7日の、
『星伝説』七夕のルーツをひもとく/和御膳と中国茶のコラボレーション
@鎌倉扇が谷Sashoさんのイベントもご予約ですでに満席となりました。
本当にありがとうございます!

また新しい企画、イベントが続きます。
みなさんのご参加をお待ちしております!
[PR]
# by yonaha510 | 2014-06-16 16:58 | ひとはな茶会 | Comments(0)
近頃はFacebookでの投稿が多く、ブログはまたもやご無沙汰でした。

桜が散ったかと思えば、もう熱中症の心配をする時節になりました。
みなさま、お元気ですか。
心地よい初夏の逗子で、中国茶講座を開きます。
a0141123_186642.jpg



中国茶講座『茶とうつわの蜜月』
淹れるうつわとの相性によって、中国茶は変幻自在に味わいを変えます。
ガラスの器でしか味わえない、儚く涼やかな味わい。
白磁の蓋碗で魅せる鋭さ、茶壺でのまろやかさ、など。

中国茶藝師・森一華が、3種類の茶葉をそれぞれ
違うタイプの2種の器で淹れ分けて
味わいの違いを愉しんでいただきます。

暑さに向かう時節にふさわしい白茶の『白毫銀針』、
緑茶の銘茶『西湖龍井』、
そして価格高騰が続く話題の紅茶『金骏眉』。
贅沢な3種の茶葉をたっぷり飲み比べる機会は
とても稀少です。
みなさまのご参加をお待ちしております。

【日時】6月13日(金)、15日(日)
    午前の部 / 10:30〜12:00
    午後の部 / 14:30〜16:00
   ※13日(金)は要予約、
     15日(日)はご予約は不要です。
    茶席は限られていますので、
     ご予約をお待ちしています。

【会場】スタジオ・オーク 
    神奈川県逗子市小坪2−22−14 
    TEL&FAX : 0467-24-4075
    HP : http://www.geocities.jp/kaz_oak/index.html
   ※下記のサイトでアクセスをご覧ください。
    http://www.geocities.jp/kaz_oak/access-n.html

【参加費】3,500円

今回は逗子の一軒家のスタジオ・オークさんでの企画展に2日間だけおじゃましての開催。
企画展では、手仕事の美しさが冴える夏の和雑貨や
涼しげなガラス器、陶器を厳選して販売いたします。
みなさん是非ご来場ください。


企画展『めぐりあう夏』
 なつかしいトキ、初めてのコト。
 いろいろな出会いに胸ときめかせ、集うナツ。

◎日時:6/12(木)~6/18(水) 
    AM10時~PM5時

◎出品作品
 ◇和雑貨・翠さんの東北の籠・ざる・てぬぐい       
  http://wazakkasui.com/ 
 ◇新井田志奈帆さんの陶器           
  http://m4811064.xaas.jp/category/33/
 ◇越中真知子さんのガラス器
  http://studiooak.tumblr.com/
 ◇永田みどりさんの陶器
  http://members3.jcom.home.ne.jp/kotorisroom/index.html/pg192.html
 
[PR]
# by yonaha510 | 2014-05-02 18:07 | ひとはな茶会 | Comments(0)
今日も予報通りの大雪になりました。
みなさん、お気をつけてお過ごしください。

a0141123_14442862.jpg

さて、昨年に続き、鎌倉扇が谷の邸宅カフェレストラン『Sasho』さんとの共催で
雛祭りを祝うイベントをさせていただくことになりました。

Sashoさんは源氏山を背景に昭和2年に建てられた厳かな日本家屋。
京都の庭師の手による趣きある庭を眺めながら、
ゆったりと、中国茶と和食のマリアージュをお楽しみいただきます。

今回は、〈雛祭りのルーツをひもとく〉をテーマにして、
雛節句のルーツである中国の典雅な風習『曲水の宴』を意識し
節句のなりたちをお話ししながら4種類のお茶と心づくしの雛膳コースをお楽しみいただきます。
一華による中国茶は、稀少な黄茶をはじめ、
女の子の祝いにふさわしい華やかな茶葉を厳選しています。

鎌倉駅から徒歩7分の素晴らしいロケーションで、
特別な雛節句をご一緒いたしましょう。

皆様のご参加を、心よりお待ちしています。

〈参加費〉6,300円

〈会場〉鎌倉 Sasho
    鎌倉市扇が谷1-11-1
    
〈日時〉3月2日(日)、3日(月)
    両日とも11:30開場、12:00スタート(約3時間を予定しています)

〈お申し込み〉中国茶サロン一華hitohana
    TEL/0467-31-0433または、
       yonaha510@yahoo.co.jpに
       ご連絡お願いいたします。

※会場までのアクセスは、下記のURLでご確認ください。
 http://cafesasho.blog.fc2.com/blog-entry-2.html
[PR]
# by yonaha510 | 2014-02-14 14:48 | ひとはな茶会 | Comments(0)
あまり実感がないままに新年が明けました。
皆さん、年末年始はどのように過ごされたのでしょうか。

今年の茶会、第一弾は、以前にも中国茶サロンをさせていただいた
大塚の『ギャラリー園』さんが会場。
今回は、中国茶の歴史をたどる茶会を開きます。
a0141123_14243563.jpg

数千年前から飲まれていた中国茶。
いったいどのような飲み方だったんでしょう。
そして日本にはどうやって伝わったのか。
そんなことをお話ししながら歴史にまつわる3種類のお茶を
ゆっくりと楽しんでいただきます。

会場のギャラリー園さんは、昭和の趣きある古民家。
畳に腰をおろしてお茶を啜れば
昭和の懐かしい時代にタイムスリップできそうです。
参加者の皆さんと気楽にお話ししながら
美味しいひとときを過ごしたいですね。

予約制となっていますので、
お申し込みは、一華またはギャラリー園さんの
メールアドレスにご連絡ください。

【日時】1月26日(日)
    14:00〜16:00
【会場】ギャラリー園
    文京区大塚5-36-2
    Tel & Fax / 03-6324-8389

    ※詳しくは下記のHPをご覧ください。
    http://7thwave.info/gallery-en/
【参加費】お一人 3,500円
【お申し込み】森一華 / yonaha510@yahoo.co.jp またはギャラリー園 / gallery.of.en@gmail.com

お申し込み、お待ちしています。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by yonaha510 | 2014-01-13 14:26 | ひとはな茶会 | Comments(0)
このところフェイスブックを使うことが多くなり
ブログはすっかりご無沙汰しました。

今年の締めくくりは、素晴らしい会場でのクリスマスの茶会です。
著名な洋画家・朝井閑右衛門氏が晩年を過ごした
鎌倉由比ケ浜の住まいをお借りします。
アトリエには朝井氏が描きかけた絵がそのままに、
描き手を待つようにイーゼルに架けられています。

雰囲気のある空間で、お茶好きが集う。
そんな時間を皆さんと共有できることをとても幸せに思います。

残席は、残り1〜2名さま。
ふだんは公開されていないアトリエを拝見できる貴重な機会でもあります。
ご参加お待ちしています。

★聖誕節中国茶会 at 『閑居』画家・朝井閑右衛門氏の旧アトリエ
a0141123_1182433.jpg

【日時】 12月20日(金)
  〈午前の部 : 11:00〜12:30〉
  〈午後の部 A : 13:30〜15:00〉満席です。
  〈午後の部 B : 16:00〜17:30〉
  ※いずれかの時間帯をご指定ください。

【会場】閑居 かんきょ(画家朝井閑右衛門氏の旧アトリエ)
   鎌倉市由比ケ浜4−3−14
   ※会場はギャラリー招山さんの奥にございますので
   こちらのHPをご参照ください。
   http://shouzanyuigahama.jimdo.com/               

【会費】3,500円
[PR]
# by yonaha510 | 2013-12-13 11:07 | ひとはな茶会 | Comments(0)